色の四属性(性格)のベースについて

【イエベ・ブルベの見分け方】

イエベ・ブルベ が流行っていますが本当に皆様見分けられていますか?

例えば、わかりやすいところでピンクで考えてみてください。

赤と白を混ぜるとピンクになりますが、

それに少し黄みを足すと右のピンク
それに少し青みを足すと左のピンクになります。

他の色も同じです。

え?青や黄色にもあるの?と思った方!

美術の時間にあったこのようなサークルを覚えていませんか?

【イエベ・ブルベの考え方】


緑を見てみてください。

このサークルで黄色に近いとイエローベースに

青に近いとブルーベースになります。

それは、青も黄色もどの色でも一緒です。

【イエベ・ブルベの顔への影響】

ではこのイエローベースとブルーベースが顔に対してどう影響するのかというと、下のモデルさんをご覧ください。

どちらが似合うという意味ではありません


イエローベースの方が血色がのってふっくら見え

ブルーベースの方が白くスッキリ見えます

これがベースの見え方の違いです。

このような反応はこちらのモデルさんだけでなく、

皆様にも同じような反応が出るはずです。

人によって出方の強弱が変わり、

わかりやすい方がいたりそうでなかったり。

つまり、それがパーソナルということです。


大切なことなので、もう一度いいます。


肌がイエベだからといって、イエベが似合うわけではない。
肌がブルベだからといって、ブルベが似合うわけではない。

お顔に色が反映されたときの反応をみて判断をしていきます。

ベースについてお分かりいただけましたでしょうか?

次は色の4属性の明度についてのお話です。

カテゴリー: ブログ

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。